新年なので、先ほど気になったyahooニュースを書きたいと思います。
お小遣制が日本のお父さんをダメにする。というyahooニュースが出てきましたが、皆さんはどう思います?
我が家では財布のひもをしっかり握っているのは、私(妻)です。
ただまれに私の友人の中でも、旦那さんが握っている家庭もありますし、また夫婦ですべて管理している人もいます。
記事によると、新生銀行の調査によると、2014年の「サラリーマンのお小遣い調査」によれば、サラリーマンの平均お小遣は 3万9572円でした。前年比1115円増加だったそうです。だいたい4万円くらいなのですね~。

http://web-okite.com/life-money-solu/引用

ちなみに我が家はずっと、3万円です。一時期収入が増えて時期もあり、もう少し増やしても?と思いましたが、やはり据え置き3万です。確かに3万では、毎日のランチ代やら、何回かの飲み代をやりくりするのは大変でしょう。
もちろん追加で渡したりはしていますが・・・・・
ちなみに、お小遣い制採用の割合は、米国20%、中国20%、イタリア7%、英国6%(出典:週刊東洋経済2010年7月3月号)とのことです。これだけを見ると確かに 日本はかなりお小遣制が高いといえるかもしれません。

しかしいつもランチで安いものを探し、部下にはおごることもできず、飲み会はたまにしかいけない・・・・・そんなお父さんはちょっとかわいそうかもしれないですよね。最近いつも帰りが遅く、肩を落としながら缶ビールを疲れた顔で飲んでいる横顔を見ると、「こんなに頑張っているのに、毎日節約でかわいそう」と思わなくもないのですが、主人に家計を任したら我が家は大変なことになりそうなので、わたすことはできません。
また、毎晩疲れてヨロヨロになって帰って、休日は寝て終わる主人にそんな心のゆとりは傍で見ていてもあるようには思えないのです。
まぁ奥さんでも旦那さんでもどちらでも家計をしっかりと支えることができる人がお金の管理をすればいいのだとは思うのですが。

そして、このyahooニュースの記事では、お小遣制でのデメリットも書いています。要するに、これからは副業の時代。旦那さんが自分にとって前向きな投資ができなくなるということ。また資格取得の場合の予備校費用や高額セミナーなども、起業準備や副業なども自分でできなくなってしまうということ。最終的には奥さんに話をして、そこで断られたら終わり、そもそも副業して稼ごう!という意欲さえもお小遣制だと縮小してしまうということです。

http://www.fujii-mind-juku.com/index.php?consultin...引用

確かに筆者の言う通り、自由なお金が使えるのか、制限されるのか、それは大きな問題ですが、やはり、これは入ってくる収入にもよるかなと思います。夫婦共働きでバンバン稼いで、お金に余裕があれば、また旦那さんがお金の管理をしっかりしてくれれば、 家計を任せることもできるのですが、我が家のように毎日やりくりが大変の中、投資などに使えるお金がない家庭などは捻出するのが大変です。
もちろん家計が苦しくて余裕がないからこそ、副業やセミナーに投資して、稼ぐのですが・・・・
これからは国家破たんや大手企業倒産など、非常にリスクの高い時代になっていく。
だからこそ、お金についてもっともっと家族で話し合うことが必要かもしれないですね。
どこにも頼れない時代だからこそ、お父さんが一家の大黒柱という感覚ではなく、副業もできる人がやればいい、という感覚ではないでしょうか・・・
お小遣制は日本のお父さんをダメにする?というテーマからちょっと外れてしまいましたが、我が家ではお金の管理をするほどの余力が主人にはありません(苦笑)副業(お小遣いかせぎ・株・FXなど)あらゆるものがありますが、やはり毎日少しずつの決まった時間と余力がある人が稼げばいいと思うのです。
 カテゴリ
 タグ
None